• このエントリーをはてなブックマークに追加

レーザー治療

カテーテルを使ったレーザー治療

平成23年1月から健康保険の適用対象となったことで注目を集めているレーザー治療
下肢静脈瘤の新たな治療方法として注目されています。

レーザー治療といえば美容外科の施術から歯科治療まで、さまざまな分野で急速に普及が進んでいる治療方法です。ただ、下肢静脈瘤の治療で使用されるレーザー治療は広く知られている方法とはやや異なります。
美容外科の施術のように皮膚に照射する形ではなく、静脈瘤の部分にカテーテルを挿入し、レーザーを照射する形となります。

カテーテルのサイズはわずか1mm程度、局所麻酔を行って挿入します。
局所麻酔ですから、体への負担も少なく、入院の必要もなく日帰りで手術を受けることが可能です。

レーザー治療には2つの方法がある

なお、レーザー治療には大きくわけて2種類があります。
ひとつはレーザーによって静脈瘤を焼灼する方法。これによって一気に瘤を取り除くことができるわけです。
レーザーなので出血量も少なく済みます。

もうひとつの方法は静脈瘤ができている部分にレーザーを照射することで血管を閉鎖し、血液の逆流を止めて静脈瘤を自然に消滅させる方法です。この方法のポイントは出血のリスクがないこと。
細菌の感染による合併症などのリスクも心配しないで済む点も大きなメリットでしょう。

下肢静脈瘤の基本治療になる可能生活も

これまで下肢静脈瘤の治療方法といえば硬化療法が一般的でしたが、今後このレーザー治療が普及していくことでしょう。これから治療を受けようと考えている人はレーザー治療を導入している医療機関を探してみるとよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加