• このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気なの?

女性に多く見られる病気

多くの女性に発症するといわれる下肢静脈瘤。気づかないうちに発症していることも多く、最初のうちは痣のようなものだと思っていると体調不良などの症状に見舞われることになります。
ではこの下肢静脈瘤とはどのようなものなのでしょうか、どうして女性に発症しやすいのでしょうか。

下半身の血行が悪くなる

下肢静脈瘤とは簡単に言えば下半身の血行が悪くなってしまっている状態のことを言います。
心臓から流れ出した血液は動脈を通して全身を巡り、その後静脈を通って心臓へと戻っていきます。
しかし下半身は体のもっとも下にあり、心臓から遠い部分、重力に逆らう形で血液を心臓に戻す必要があります。

血液を心臓へと戻すためには「筋ポンプ作用」という働きと、静脈弁の存在が不可欠。
筋ポンプ作用によって血液を勢いよく心臓まで戻し、重力に逆らって上っていく血液が逆流しないよう、静脈弁を閉ざして防ぐ形で心臓へと送り返されることになります。

静脈弁の機能障害が原因

下肢静脈瘤はこの静脈弁がうまく機能しなくなり、血液の流れが滞ってしまうことによって生じます。
静脈弁が閉じなくなってしまい、血液が逆流したりうっ血してしまうのです。
そのため血液が正常に心臓へと戻らなくなってしまい。
足のむくみや痛み、血管が皮膚の表面に浮き出てくるといった問題が生じるのです。

血管の柔軟性が問題

ではなぜ女性になりやすいのでしょうか。理由としては血管が男性に比べて柔らかく、静脈弁に異常が生じやすいからといわれています。

ある統計では女性の2人に1人は下肢静脈瘤にかかっているとも言われており、注意が必要です。
少しでも気になる症状が見られた場合は意思の診察を受けるなど、適切な対策を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加