• このエントリーをはてなブックマークに追加

静脈瘤ができる原因

静脈弁の機能異常によって起こる病気

下肢静脈瘤の直接の原因は静脈弁が壊れ、弁不全が生じることによるものです。
下半身から心臓へと血液を送り返す際、逆流が生じないように血液の流れを一方通行にするために機能している静脈弁。これが機能しなくなることで逆流が生じ、循環がうまく機能しなくなった結果静脈瘤ができてしまうのです。

静脈弁への過度な負担が原因

ただ、なぜ弁不全ができるのか、そして弁不全からどうして静脈瘤が発生するのか、具体的な原因、経過も知っておきたいところ。弁不全は長時間の立ち仕事やデスクワーク、妊娠・出産などによって血液に圧力がかかり、静脈弁に負担をかけてしまう環境を続けることが主な原因とされています。
そして弁不全が生じると静脈に逆流が生じ、血液が心臓までうまく流れなくなってしまいます。

そうなると血液が下半身に留まり続けるわけですが、その結果静脈がどんどん拡張していきます。
出口がうまく開いていないところに血液がどんどん押し寄せてくるからです。
拡張し続けた結果、膨れ上がって静脈瘤ができてしまうのです。

また、最初の血行不良があり、静脈の拡張が静脈弁に負担をかけて弁不全を起こしてしまうケースもあります。
それからますます静脈の拡張に拍車をかけ、最終的に静脈瘤へと進展していく...そんな悪循環に陥る恐れもあるわけです。

症状の放置は重篤な病気の原因になる

そのまま放置しておくと血栓が生じ、腫脹や炎症をもたらすほか、肺動脈塞栓症といった深刻な症状をもたらす可能性もあります。それだけに早い段階での治療が求められるのです。

逆に言えば日常生活の中で原因をできるだけ排除するよう心がけていれば下肢静脈瘤を防ぐことも十分可能なのです。改めて自分の生活に原因が潜んでいないかどうか、確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加