知っておきたい下肢静脈瘤のコトトップ > 下肢静脈瘤についてどんな人がなりやすいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな人がなりやすいの?

下肢静脈瘤を起こしやすいタイプ

下肢静脈瘤になりやすい人とそうでない人がいるといいます。
同じ年齢でもむくみや静脈が浮き出る悩みを抱えている人とまったく問題を抱えていない人の差がはっきり見られることも多いのです。では下肢静脈瘤になりやすい人はどういったタイプなのでしょうか。

性別と生活環境が影響する

まず性別。圧倒的に女性の方がなりやすい傾向があります。
女性の2人に1人はこの症状が見られるといいます
理由としては妊娠を気に発症することが多いこと、ます女性の方が血管壁が柔らかいことなどが挙げられるほか、静脈瘤は低血圧の方が発症しやすい傾向も手伝っているようです。
低血圧に悩まされる女性が多いのは広く知られているでしょう。

それか生活環境。下半身の血行が悪くなる環境で生活を送っていると下肢静脈瘤のリスクが高くなります。
とくに注意したいのが長時間の立ち仕事。長時間立ちっぱなしでいると血液を心臓へと送り返す際に静脈弁に負担をかけ続けてしまい、壊れやすくなるといいます。
こちらは男性が注意したいポイントとなるでしょう。

加齢も弁不全を起こす原因

もうひとつは年齢。実際に30を過ぎる頃から発症する例が多く見られます。
加齢とともに血液がもろくなってダメージが生じやすいこと、また純粋な老化が原因で静脈弁が壊れてしまうケースも見られます。老化は人によって個人差がありますから、年齢を重ねれば重ねるほどなりやすい人とそうでない人の間で差が見られるようになります。

こうした条件に当てはまる人は注意し、できるだけ予防に努めるとよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加