• このエントリーをはてなブックマークに追加

肺動脈塞栓症

エコノミークラス症候群も合併症の一つ

肺動脈塞栓症は下肢静脈瘤の合併症として発祥する可能性がある病気の一つです。
放置しておくと命に関わる可能性もある非常に厄介な合併症でもあります。
世間一般では「エコノミークラス症候群」という名称でおなじみでしょう。これも下半身の血流が滞ることが大きな要因となっています。

肺動脈塞栓症の原因

ではどうして下肢静脈瘤が肺動脈塞栓症の原因になるのでしょうか。
それは下肢の静脈、とくに深部静脈に生じた血栓が静脈内部の壁からはがれて血流に乗って流れていってしまうことによるものです。

この血栓が肺動脈を塞ぎ、結果血液が肺をうまく流れ出ることができなくなってしまい、右心室が急速に拡張していきます。最終的には血液が左心室に入らなくなってしまい、心臓から血液が外に出にくくなってしまうのです。

肺動脈塞栓症の症状と治療法

この病気が厄介なのはすぐに判断できるような症状が見られず、急に深刻な状態に陥ることが多い点にあります。急性期の場合、適切な診断ができなかった場合には約30パーセントもの死亡率になるというデータもあります。
また診断ができた場合でも約8パーセントほどの死亡率となっており、いかに危険な病気かがうかがえます。

下肢静脈瘤の大半は表在静脈に生じますが、症状が重い場合には深部静脈に血栓が生じることもあります。
その際には安易な治療を行わず、必ず血栓も解消しておかなければなりません。

下肢静脈瘤が深部静脈血栓症をもたらし、さらに肺動脈塞栓症へと進行する、そんな最悪のケースも考えられるわけです。それだけに下肢静脈瘤はできるだけ早く治療し、しかもきちんとした検査と治療を行ってくれる医療機関を選ぶことが重要になってきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加