知っておきたい下肢静脈瘤のコトトップ > その他特殊な静脈瘤続発性静脈瘤の症状や特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続発性静脈瘤の症状や特徴

中高年の女性に多い症状

血管の流れが妨げられてしまう静脈瘤。とくに下肢の静脈は重力に逆らう形で離れた位置にある心臓に血液を送り返しているため、血液が逆流しやすい状況にあります。
そのため中高年の女性を中心に下肢静脈瘤を発症するケースが非常に多く見られます

一次性と二次性の違い

そんな静脈瘤は大きく分けて一次性と二次性の2種類に分けられます。
一次性とは長時間の立ち仕事や加齢による衰え、あるいは妊娠などが原因で発症するもので、静脈瘤の大半はこちらに属します。
もうひとつは二次性。続発性とも言われますが、こちらは深部静脈に異常が生じ、その結果静脈瘤が生じてしまうものです。
この二次性の静脈瘤を続発性静脈瘤とも呼んでいます。

一次性の静脈瘤は皮膚の近くにある表在静脈に生じるもので、硬化療法やストリッピング手術などによって治療を行うことができます。しかし続発性静脈瘤の場合、表在静脈よりも奥、筋肉の部分に流れている深部静脈に静脈瘤が発症しているため、治療が困難になります。

深部静脈の閉塞が特徴の病気

この続発性静脈瘤の最大の特徴は深部静脈が閉塞することで血液の流れが変わってしまい、皮下静脈を経由することになることで、その結果血液の流れがうまくいかなくなり、下肢の広い部分にうっ滞状態が生じてしまいます。
そのため検査では深部静脈の状況をしっかりと見極め、慎重に判断したうえで治療計画を練る必要があります。

検査の際に深部静脈の異常を見過ごしてしまい、表在静脈の治療だけを行うことでその後大きな問題が生じてしまうこともあるのです。
このように、続発性静脈瘤は放置だけでなく安易な治療にも注意しなければならない静脈瘤といえます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加